サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
解嚴後的台灣佛教與政治
著者 江燦騰 (著)=Jiang, Cian-teng (au.)
掲載誌 佛教與中國文化國際學術會議論文集 (中輯)
出版年月日1995.07
ページ511 - 527
出版者中華文化復興運動總會宗教研究委員會
出版地臺北縣, 臺灣 [Taipei hsien, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
キーワード台灣佛教史=Taiwanese Buddhist History; 江燦騰; 解嚴=Martial Law Lifting; 台灣=Taiwan; 政治發展=Political Development; 兩岸交流=Cross-strait Exchange; 選舉行為=Electoral Behavior; Buddhism; 台灣佛教史=Taiwanese Buddhist History
抄録 台灣佛教的發展,自第二次世界大戢結束以來,已將近四十九年(1945-1994),其中又可分為三個階段,即一九四八年以前一個階段,一九四八至一九八六年一個階段,一九八七年迄今是個階段. 在這三階段中,以第二階段的時間最長,又因受一九四九年國民政府遷台的影響,出現了海崍兩岸交流斷絕和長期戒嚴的政治體制,故使宗教活動 (佛教包括在內) 深受影響,例如組統的一元化和傳戒的單一化,即其特徵. 而佛教徒參與政治活動,也相對保守.
本文的撰寫,即在針對一九八六年十月十五日,政府宣布「解嚴」後,對佛教界所產生的重大衝擊. 討論的重點,將分成四大部分,第一是關於海峽兩岸佛教交流的問題,第二是佛教組織變革與多元化的問題,第三是一般佛教徒對政治活動的參與問題,第四是激進佛教團體或個別佛教徒參與政治活動問題. 希望藉此觀察「解嚴」後逐漸出現的佛教新面貌. 「本土化」,「多元化」,「國際化」三個特徵,是論文分析後,所獲致的結綸.
ヒット数467
作成日1998.07.22
更新日期2012.08.20



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
251995

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ