サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
20世紀台灣佛教的轉型與發展
著者 江燦騰 (著)=Jiang, Cian-teng (au.)
出版年月日1995
出版者淨心文教基金會
出版地高雄市, 臺灣 [Kaohsiung shih, Taiwan]
シリーズ淨心叢書
シリーズナンバー69
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
キーワード觀音; 禪學=Study of Zen; 禪宗=Zazen Buddhism=Zen Buddhism=Son Buddhism=Chan Buddhism; 臺灣佛教; 慈濟=T'zu-Chi; 淨土思想; 淨土=Pure Land; 法師=Master; 法界=Dharmadhatu; 佛教藝術=Buddhist Art; 佛教; 佛; 台灣佛教=Taiwanese Buddhism; 大陸佛教=Madhyade?a Buddhism
目次一. 日據前期臺灣北部新佛教道場的崛起
--基隆月眉山靈泉寺與臺北觀音山凌雲寺
二. 日據時期臺灣知識份子的自覺與佛教藝術的創新--
黃土水創作龍山寺釋迦像的背景及其對今日臺灣佛教
藝術的典範作用
三. 南臺灣佛教大法派的崛起與戰後的轉型
--高雄縣超峰寺與大崗山派
四. 戰後臺灣佛教徒的政治經驗--主導戰後發展的政治趨
勢評估及其對佛教影響力的扼要檢討
五. 戰後臺灣齋教發展的困境
六. 戰後臺灣地區重建大陸佛教的經驗及其發展的模式
--以慧峰法師建立天台道場湛然寺為中心的考察
七. 戰後臺灣禪宗研究的爭辯與發展
--以胡適禪學為中心的考察
八. 臺灣當代淨土思想的新動向
九. 處於轉型期中的臺灣當代佛教藝術
--寫在第三屆當代佛藝創作展前
十. 從佛教「法界觀」的歷史性格看臺灣佛教的實踐模式
--以證嚴法師的慈濟事業為例
十一. 戰後臺灣佛教發展經驗的綜合檢討
ヒット数415
作成日1998.07.22
更新日期2014.06.16



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
269564

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ