サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
印順導師對新舊譯唯識的定位與評析
著者 陳一標
出版年月日2000.04.16
ページ267 - 296
出版者正聞出版社
出版地新竹縣, 臺灣 [Hsinchu hsien, Taiwan]
シリーズ《印順思想》─印順導師九秩晉五壽慶論文集=Buddhist and Religious Studies, Essays in Honor of Venerable Yin-Shun on his 95th Birthday
資料の種類專題研究論文=Research Paper
言語中文=Chinese
キーワード釋印順; 唯識; 真諦; 玄奘=Xuanzang=Hiuen Tsiang; 阿賴耶識; 陳一標
抄録唯識思想傳入中國,先後成立地論宗,攝論宗與法相宗,形成新舊譯唯識之爭,向來皆以玄奘新譯唯識為正宗,斥真諦舊譯有增益,誤謬. 印順導師拋開宗派成見,從多方面論述真諦譯唯識的形成有其歷史背景,具融合如來藏與唯識思想之傾向.

本文從經論特色與思想,阿摩羅識,一種七現與八識現行,阿陀那與末那等方面,介紹印順導師的研究成果. 他認為出身中印度西部的真諦,受如來藏思想影響,提出阿摩羅識,已大幅去除「如來藏我」的色彩,且非《起信論》式的本覺,又有智如合一的格局; 一種七現的一能變說合於彌勒,無著的原意; 阿陀那為末那的別名亦相當合理. 比起主張智如二分,八識現行之三能變說,阿陀那為賴耶異名的新譯唯識,毫不遜色.

目次
一. 唯識經論的特色派別流變
(一) 從弘化區域看思想的特色
(二) 從經論特色看流派傳承
二. 有關阿摩羅識的論題
(一) 阿摩羅識不是本覺 -- 分析圓測的傳說
(二) 阿摩羅識與解性賴耶 (賴耶通真妄)
(三) 阿摩羅識是真如,如來藏,自性清淨心
(四) 阿摩羅識是遍計依他並遣,境識俱泯的實性
三. 有關阿賴耶識的其他論題
(一) 一種七現八識現行
(二) 賴耶的轉捨 (有關轉依的問題)
(三) 阿陀那與末那
四. 結論
參考文獻
ISBN9570366435 (精); 9570366443 (平)
ヒット数655
作成日2001.07.27
更新日期2012.08.27



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
275911

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ