サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
The intermediate-state dispute in Buddhism
著者 Wayman, Alex (著)
掲載誌 Buddhist Studies in Honour of I. B. Horner
出版年月日1974
ページ227 - 239
出版者Springer, Dordrecht
出版サイト https://www.springer.com/gp
出版地New York, NY, US [紐約, 紐約州, 美國]
資料の種類專題研究論文=Research Paper
言語英文=English
ノート300
キーワードRebirth (in religion, folklore); Yogacara (Buddhism); Intermediate State; Sense Base; Dependent Origination; Yoga Training; Buddhist Scripture
抄録The possibility of life after death has always fascinated mankind. India was no exception, even with its metaphysical setting of rebirth theory. Then, with the belief in the extraordinary powers of yogins to delve into nature’s secrets it was held that some individuals could communicate what really happened after death. As when the Buddha used a divine eye (divya-caksus) to observe the sentient beings going from here to various destinies good and bad, and later told his disciples about it.
ISBN9789401022446 (Print); 9789401022422 (Online)
DOI10.1007/978-94-010-2242-2_19
ヒット数270
作成日1998.04.28
更新日期2021.11.04



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
278054

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ