サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
Two seemingly contradictory aspects of the teaching of innate enlightenment(hongaku) in medieval Japan
著者 Sueki, Fumihiko (著)=末木文美士 (au.)
掲載誌 Japanese Journal of Religious Studies
巻号v.22 n.1-2
出版年月日1995.03-06
ページ3 - 16
出版者Nanzan Institute for Religion and Culture=南山宗教文化研究所
出版サイト http://nirc.nanzan-u.ac.jp/en/
出版地名古屋, 日本 [Nagoya, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
キーワードEnlightenment (buddhism); philosophy, buddhist; Japan--religion--to 1600; Tendai (Buddhist school)
抄録The Sanju-shi ka no kotogaki (The thirty-four item report) is one of the most representative works in the tradition of hongaku thought in the Japanese medieval Tendai school. Two seemingly contradictory aspects can be found when analyzing the theory found in this text. The first aspect is that of the absolute affirmation of this world on the basis of the principle of self-consistency, which seems to require no practice for realizing enlightenment. The second is the realization of enlightenment at the “degree of verbal identity, ” that is, the second stage of the Tendai “six degrees of identity. ” Although this is considered the easiest way of realizing enlightenment, it is not the same as the affirmation of the world that requires no practice at all. This contradiction saved hongaku teachings from being completely corrupt.
ISSN03041042 (P)
ヒット数748
作成日1998.04.28
更新日期2017.08.24



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
282125

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ