サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
明末〈物不遷論〉的諍辯--異議者澄的佛學思想分析
著者 江燦騰 (著)=Jiang, Cian-teng (au.)
掲載誌 國際佛學研究=Annual of International Buddhistic Studies
出版年月日1991.12
ページ85 - 118
出版者國際佛學研究中心
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード德清; 鎮澄; 明代佛教; 僧肇; 物不遷論; 如來藏; 因明
抄録明末 <物不遷論> 的諍辯,是由德清和鎮澄所引起的.
在本文中,即針對兩人與此事件的關聯性作一檢討. 同時也
將異議者鎮澄的主異議思想內容,從各層面加以深入地分
析. 經過詳盡的文獻考察後,可以理解鎮澄的思想特質具
四種取向:(一) 重視經典的「聖言」權威性. (二)
以「如來藏」思想為詮釋的核心理念. (三) 問題的解析
奠基於文獻學的考察. (四) 使用「因明」為思辯工具.
鎮澄即以上述取向,來反駁僧肇的 <物不遷論>,並掀起明
末諍辯的戰火. 而本論文的重點,即環繞這背景作說明,
並以之成下篇辯論的思想依據.
ヒット数338
作成日1998.04.28
更新日期2018.01.23



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
295724

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ