サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
意識的歧路:心與腦的對話=Consciousness at the Crossroads
著者 薩拉‧豪斯曼=Houshmand, Zara ; 羅伯‧李文斯頓=Livingstone, Robert ; 鄭振煌
出版年月日2002.07
ページ336
出版者立緒文化事業有限公司
出版サイト http://www.ncp.com.tw/
出版地臺北縣, 臺灣 [Taipei hsien, Taiwan]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
ノート叢書/系列:新世紀叢書‧文化 (112)
キーワード心識; 佛教與科學=Buddhism and Science; 佛教心理學=Buddhist Psychology;
抄録本書是達賴喇嘛與一群知名神經系統學家和精神病學家,一系列會談的成果,此聚會為佛教與西方科學,帶來了成果豐碩的對話,例如:
1. 心靈真的僅僅是大腦生理過程的附屬現象嗎?
2. 會不會有些意識的形式,是細緻幽微到科學迄今仍無法掌握?
3. 意識是怎樣開始的?
4. 我們是怎樣認識我們所認識到的事情的?
5. 目前我們對腦作用的認識到底有多少?

對這些棘手的問題,一直強調應對意識運用觀察方法的佛教,提供了有見地的洞察。而達賴喇嘛追求知識的開放心靈與他銳利、清晰的方法,也在在為西方的科學家,帶來啟發與挑戰。20世紀初心理學家威廉‧詹姆斯(William James)說:「那些我們密切注意的現象,對我們而言變得真實,而我們忽視的那些,則退減為想像的虛幻顯相,最後等於什麼都沒有。」科學革命後的最初三百年,西方沒有「心的科學」,忽視意識的本質、來源與因果關係;而長久以來,佛教禪修者忽略了腦對心的影響,幾乎不重視「腦」,西方科學與東方佛學、心與腦,都還有許多對話的空間。
ISBN9570411562
ヒット数263
作成日2004.02.20



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
300871

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ