サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
略述房山石經概況及其價值
著者 任傑
掲載誌 佛教文化=The Culture of Buddhism
巻号n.1
出版年月日1989.12
ページ32 - 37
出版者佛教文化期刊社
出版サイト http://www.buddhism.com.cn/fjwh/
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート出自王雷泉編 《中國大陸宗教文章索引》.
キーワード中國佛教; 契丹藏; 時代背景; 房山石; 佛經; 傳入中國; 般若; 文化思想; 千字文; 石經
抄録 一、刻經的時代背景及其宗旨佛教傳入中國,經過漢魏兩晉南北朝的不斷發展,佛教文化思想漸已深入民間,到了隋、唐時代即形成了中國佛教的大成時期.隋統一南北朝後,佛教也綜合南北體系,而形成了新的特色.由於隋帝篤好佛教,重視對佛教的整理,提倡修廟建塔,造像度僧,翻譯佛經,整理佛典,改變了魏武、周武的滅法政策,使佛教得到了恢復和發展.當時義學沙門輩出,為了弘揚佛教,使佛教經論得以保存流傳,他們整理經本,撰寫論著,編撰《經目》,刊定佛經.當時還出現了"邑會""法社"一類的在家佛教信眾組織,營辦佛教事業.除西來高僧翻譯佛經
ISSN10042881 (P); 10042881 (E)
ヒット数83
作成日1998.04.28
更新日期2018.05.31



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
303379

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ