サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
著者 沈劍英
掲載誌 學習與探索=Study & Exploration
巻号n.2 (總號=n.49)
出版年月日1987
ページ50 - 59
出版者黑龍江省社會科學院
出版地哈爾濱, 中國 [Harbin, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート1.作者單位:上海教育學院
2.出處:王雷泉《中國大陸宗教文章索引》
抄録 古印度正理派和佛教的因明學都有對墮負的探討。佛典《方便心論·明負處品》列有十七種負處;正理派揚棄《方便心論》,整理出二十二種負處,公元四世紀富差耶那作《正理經疏》,正理派的墮負論遂得完備。世親又吸收正理派所發展了的墮負論,寫成“墮負處品”一章,編入《如實論》中,它比較全面地吸收了《正理經》第五卷第二章內容,但並非全面照搬,而是在許多問題上表達了自己的見解。可以說,世親是墮負論的集大成者。

目次一、墮負論的提出及其嬗變 50
二、關於《方便心論》的“明負處品” 51
(一)關於理由錯亂的負處 51
1.語顛倒 51
2.立因不正 51
3.引喻不同 51
(二)關於論辯時智慧短缺的負處 51
1.應問不問 51
2.應答不答 52
3.三說法不令他解 52
4.彼義短缺而不覺知 52
5.他正義而為生過 52
6.眾人悉解而獨不悟 52
(三)關於答問缺乏針對性的負處 52
1.違錯 52
2.不具足 52
(四)關於不善於論辯術的負處 52
1.語少 52
2.語多 52
3.無義語 52
4.非時語 53
5.義重 53
6.捨本宗 53
三、關於《正理經》與《如實論》的墮負論 54
1.壞宗 54
2.異宗 55
3.矛盾宗 55
4.捨宗 55
5.異因 55
6.異義 55
7.無異 56
8.不可解義 56
9.缺義 56
10.不至時 56
11.缺減 57
12.增加 57
13.重言 57
14.不能誦 58
15.不知 58
16.不能難 58
17.避遁 58
18.認許他難 58
19.忽視應可責難處 59
20.責難不可責難處 59
21.離宗義 59
22.似因 59
ISSN1002462X (P)
情報源
ヒット数90
作成日1998.04.28
更新日期2020.06.01



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
306735

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ