サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
印光的念佛法=Yin-kuang's Approach to Chanting the Buddha's name
著者 陳劍鍠 (著)=Chen, Chien-huang (au.)
掲載誌 國立編譯館館刊=Journal of the National Institute for Compilation and Translation
巻号v.29 n.2
出版年月日2000.12
ページ167 - 190
出版者國立編譯館
出版サイト http://epublish.hyweb.com.tw/NICT/home.jsp
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:香港大學中文系
キーワード淨土宗=Pure Land Buddhism=Shin Buddhsim; 觀想=Visualization; 淨土信仰=念佛法門; 印光大師
抄録 念佛法門的修持方式,自華嚴宗五祖宗密將念佛法歸納成觀像、觀想、實相及持名等四種後,淨土行者大抵沿用之。後來蕅益大師又將念佛分為念他佛、念自佛、自他俱念三種。印光大師將實相念佛歸屬於「專念自佛」,觀像、觀想、持名歸屬於「專念他佛」,而一般所謂的禪淨雙修則歸屬於「自他俱念」。大師在對上述四種念佛法作出解釋後,指出持名一法於當今末法之際,最為合機。
  大師對持名念佛法有兩方面的發明,一是根據《首楞嚴經.大勢至菩薩念佛圓通章》所示之「都攝六根,淨念相繼」,提出「攝耳諦聽」念佛法;二是結合飛錫大師的隨息念佛法和慈雲懺主的「十念法」,而創出「十念記數」念佛法。此外,大師還提出持名念佛法可作為臨終助念及生產助念,有助於臨命終人順利往生佛國及產婦平安分娩。
目次第一節 對四種唸佛法的見解 167
第二節〈大勢至菩薩念佛圓通章〉的念佛法 172
第三節「十念記數」的念佛法 180
第四節 臨終助念法 184
第五節 生產助念法 187
ISSN10160574 (P)
ヒット数321
作成日2004.02.27
更新日期2019.12.19



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
310521

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ