サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
佛教與二十一世紀
著者 麻天祥
掲載誌 佛學研究=Research of Buddhism
巻号n.4
出版年月日1995
ページ20 - 30
出版者中國佛教文化研究所
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード當代中國佛教; 僧格; 中國佛教史; 因革損益; 佛理; 理論與實踐; 鈴木禪; 獻身精神; 中國禪宗; 障道; 二十一世紀
抄録探討佛教的現代意義及未來發展,首先須區分其精神內容的佛教文化和凝固為一种宗教形態的文化佛教。前者是佛教義學的表現,後者是佛門實踐的完成。佛教文化博大精深,它既可為佛教的發展創造一個適宜的環境,又可使世上的許多新概念在此中得到認同,或供現代社會的人們作出選擇。但選擇佛教的決定因素並不是現代或後現代的歷史條件和文化氛圍,而是佛教自身因革損益的程度。佛教要在21世紀進一步發展,非要實行徹底的革新不可,改良完善教義,清除陳腐的理論與實踐,具體地說,就是:一、繼承佛教的超越精神;二、繼承佛教 的批判精神;三、繼承利樂有情的獻身精神。但培養健全僧格的僧材是佛教今後發展的根本保證。
ヒット数176
作成日1998.04.28
更新日期2018.01.30



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
322246

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ