サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
由中台事件之教訓 -- 論述戒律與法律的互動關係
著者 釋昭慧 (著)=Shih, Chao-hui (au.)
掲載誌 圓光佛學學報=Yuan Kuang Journal of Buddhist Studies
巻号n.2
出版年月日1997.10
ページ3 - 17
出版者圓光佛學研究所=Yuan Kuang Buddhist College
出版サイト http://www.ykbi.edu.tw/
出版地桃園縣, 臺灣 [Taoyuean hsien, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード僧團=叢林=Monastic Community=Buddhist Community; 僧伽=sajgha; 教團; 剃度=出家=Ordination; 佛法=Buddhadharma; 佛; 尸羅=戒=command=Precept=sila=morality=rule=discipline=prohibition
抄録在國家的領土中,守持國法是每位國民的義務,出家人也不例外. 戒律是僧團內部的法治規範,其功用並不在取代法律,且以不抵觸法律為原則. 這是尊重世間的良好價值觀,及其價值觀所形成的規範. 其原因在「令未信者信,已信者令增長」.波羅提木叉不可能對犯戒者判以死刑或監禁,除因其不合於佛法「非暴力」的精神外,亦因僧團的制裁功能不必跟國家的司法權牴觸.對宗教友善的國家,通常會有一些適度停止國家權力用在宗教團體中的措施,例如:免除宗團體繳納稅金的義; 但僧尼亦不可借身份的方便,代白衣逃漏稅款.宗教要國家給予優惠,也自必有它的條件,令社會覺得值得如此,否則這些優惠仍有能面臨官僚或輿論的壓力而被撤銷. 例如:從事營利活動,重視物質享受,或有大量的財富積聚,這就難保不令世人譏覦,招來禍端.僧伽要獨立地享有充分的「僧事僧決」權,須要它自清自律到法律對它沒介入的必要,而不是假「僧事僧決」以為藉口,不準白衣干預,法律介入. 面對戒法與國法的衝突,開遮持犯要多方衡量,以儘其可能如法為先,必不得已而開緣,也要以僧團總體長遠的利益為前提.

目次前言
一. 緒論
二. 戒律與法律的層級關係
(一) 不抵觸法律為原則
(二) 不取代司法而施刑罰
(三) 尊重世間與超越世間
三. 法律對宗教的適度「開緣」
四. 宗教遭忌的殷鑒
五. 戒法與國法的衝突
六. 結語
ISSN16086848 (P)
ヒット数1088
作成日1998.04.28; 2002.07.10
更新日期2017.07.20



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
333509

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ