サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
雲門改屬的道統之爭
著者 麻天祥
掲載誌 禪學研究
巻号n.3
出版年月日1998.11
ページ31 - 35
出版者江蘇古籍出版社
出版サイト http://chinabooks.cnokay.com/pub_house/jsguji/
出版地南京, 中國 [Nanjing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート附內容提要
キーワード禪宗=Zazen Buddhism=Zen Buddhism=Son Buddhism=Chan Buddhism; 種子=bija; 惠能=慧能=Hui Neng; 佛學 ; 佛教; 佛
抄録自慧能出,典型的中國化佛學 -- 禪宗思想卓然冠映
天下,中國式的佛教 -- 禪宗更是如風偃草,在全國範圍
內迅猛發展起來. 所謂一花五葉,五家七宗,分燈並弘也
是禪宗發展的顯著標志. 宗派的施設,固然有教義,方法
歧異之因素,但更多的是出自禪門弟子依傍門戶的道統觀
念. 北宋末年,臨濟僧人達觀曇穎及黃龍系惠洪,提出
二道悟之說,把原隸屬於石頭門下的雲門,法眼二宗┴屬
洪州,挑起了雲門歸屬之爭,從而種下了禪宗道統紛爭的
一顆種子,使這樁歷史懸案一直持續到清初. 從本質上看
,雲門改屬純係禪門派系之爭,尤其暴露了禪宗末流依竹
附木之陋習.
ヒット数191
作成日2000.03.11



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
342930

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ