サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
Eastern India:Sixth to Twentieth Century
著者 Willis, Michael D.
掲載誌 Arts of Asia
巻号v.28 n.2
出版年月日1998.03-04
ページ98 - 111
出版者Arts of Asia Publications Limited
出版サイト http://www.artsofasianet.com/index.html
出版地灣仔, 香港, 中國 [Wanchai, HongKong, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
ノート720
キーワードBuddhist Sculpture in India; Buddhist Temples in India; Buddhist Relics and Reliquaries; Willis, Michael
抄録The sculpture of eastern India from the 6th to the 20th century is discussed. The historical Buddha lived and taught in eastern India, where Buddhism flourished as a leading faith for over 1,500 years. A number of finds from the centers of this faith provide evidence for the appearance of temples in antiquity. Sculptures also show that from at least the eighth century,the ideas of the Vajrayana system,a school of Buddhist thought that elaborated the ancient Indian idea that the universe and its structure are contained within the human body,were prevalent in eastern India. A good portion of the population of the area embraced Islam,but the majority followed ancient faiths, and the main deities were sculpted in the time-honored manner and worshipped in festivals with ancient roots.
ISSN00044083 (P)
ヒット数172
作成日2001.01.11
更新日期2019.11.04



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
346262

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ