サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
On the Missing-Characters(Gaiji)of the Taisho Tripitaka Text Database Published by SAT
著者 Moro, Shigeki
掲載誌 太平洋鄰里協會會論文集=Proceedings of EBTI, ECAI, SEER & PNC Joint Meeting
出版年月日1999
ページ323 - 328
出版者中央研究院計算中心
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語英文=English
ノート會議地點:台北中央研究院, 主協辦單位:中央研究院計算中心
キーワードMoro, Shigeki; 大正新脩大藏經; 中文文字輸入; 資料庫; 中文文字辨識; 佛經; Taisho Tripitaka; Chinese Character Input; Database; Chinese Character Recognition; 佛教經典=Sutra; Gaiji; SAT
抄録In March of 1998,the Association for the Computerization of Buddhist Texts (ACBUT) began publishing the electronic text database of the Taisho Tripitaka. SAT is the nickname of this project.

The Taisho Tripitaka includes both classical Chinese and Japanese texts, so that SAT texts are encoded by JIS code set at the present. In the not-too-distant future,they shall be changed to larger sets like Unicode. But there always are characters that can not be input. The solution of the Gaiji (missing characters) is the most important subject for the projects like SAT. Now SAT has about 90 published e-texts, and they include over 7 million characters. Over 17,000 characters cannot be input with JIS and about 1,500 with Unicode.

Following the KanjiBase developed by Dr. Christian Wittern,we now use SGML-style placeholders that are both standardized and system-independent. And we are investigating the empty-element-tag of XML as a new solution.
ヒット数206
作成日2001.02.20
更新日期2015.08.11



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
348740

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ