サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
釋摩訶衍論 十卷= Shih-mo-ho-yen-lun
著者 Nagarjuna (著)=龍樹 (au.) ; Batsudaimata (譯)=筏提摩多 (tr.)
出版年月日2003
ページ145 - 145
出版者嚴寬祜文教基金會
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類工具書=Reference Book
言語中文=Chinese; 英文=English
ノート出自:大藏經入門;為單篇書目簡介。(Taisho No. 1668)

キーワード龍樹=龍樹=Nagarjuna=kLu-sgrub; 龍樹=Nagarjuna=kLu-sgrub; 筏提摩多; Batsudaimata; Fa-ti-mo-to; Vrddhimata
抄録The word mo-ho-yen in the title of this work is a transliteration of the Sanskrit Mahayana, and thus the title means "Commentary on the Mahayana Treatise," 'Mahayana Treatise' in this case referring to "The Awakening of Faith" (No. 68). As with the latter work,there has been much divergence of opinion on the author and place of composition of this treatise,but it is generally held to have been composed in the seventh or eighth century in either China or Korea. Owing to the fact that Kukai,the founder of the Shingon School in Japan,recognized it as a genuine work of Nagarjuna, it has been considered as an important text in this school,and much study has been devoted to it.
ヒット数203
作成日2001.10.05
更新日期2014.06.23



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
349993

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ