サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


当書目の情報提供者は 李玉珉老師 です
加えサービス
書誌管理
書き出し
空行母與藏傳佛教上師傳記=Dākinīs and Their Roles in Tibetan rNam-thar
著者 劉婉俐 (撰)=Liu, Wan-li (compose)
掲載誌 佛學研究中心學報=Journal of the Center for Buddhist Studies
巻号n.7
出版年月日2002.07
ページ213 - 236
出版者國立臺灣大學佛學研究中心=The Center for Buddhist Studies, National Taiwan University
出版サイト http://homepage.ntu.edu.tw/~ntucbs/
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード空行母=Dākinī; 藏傳佛教=Tibetan Buddhism; 傳記=rNam-thar; 密乘=Tantra; 三根本=Three Roots; 護法=Dharma Protectors
抄録「空行母」(Dākinī) 一詞在藏傳佛教中,具多元且甚深的象徵意涵。就修行層面而言,空行母是佛、法、僧三寶的內相「三根本」(three roots, 指上師、本尊、空行)中,負責護持佛行「事業」的根本,是女性的佛母、成就者與大護法等的集合名詞。本文即試從藏傳佛教「空行母」(Dākinī)的議題入手,藉其根源與定義的探討,從字源學的歷史演變切入,到扣合佛教由印度傳入西藏前、後空行母字義的衍異,論及空行母在藏傳佛教史上的地位與相關法教。此外,在本文中也將以噶舉派「金鬘」上師傳承傳記為例,探討其間空行母所具的豐富、多元的象徵和作用,以做為實例的參照。
目次一、前言 215
二、空行母的定義與類別 216
(一)印度大乘佛教晚期的空行母語源及定義 217
(二)藏傳佛教中的「空行母」定義與類別 220
(三)其他有關空行母的定義 222
三、藏傳佛教傳記中的空行母 226
四、結語 234
ISSN10271112 (P)
研究種類佛教
研究地域西藏
ヒット数1889
作成日2002.08.01
更新日期2017.06.30



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
352910

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ