サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
《涅槃無名論》真偽辨=To Distinguish Nirvana is Beyond Knoming's Real Author
著者 徐文明 =Hsu, Wen-ming
掲載誌 圓光佛學學報=Yuan Kuang Journal of Buddhist Studies
巻号n.7
出版年月日2002.12
ページ29 - 48
出版者圓光佛學研究所=Yuan Kuang Buddhist College
出版サイト http://www.ykbi.edu.tw/
出版地桃園縣, 臺灣 [Taoyuean hsien, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:北京師範大學哲學系副教授=Associate Professor,Dept. of Philosophy Beijing Normal University
キーワード涅槃無名論; 僧肇; 道生; 頓悟
抄録《涅槃無名論》是僧肇的一篇重要著作,然而湯用彤先生提出其為偽作,其弟子石峻先生又提出了新的證據,因此學界多從其說. 本文對湯先生及石先生所提出的證據一一加以辨析,認定《涅槃無名論》確實是僧肇之作,且是僧肇思想體系的一個不可或缺的重要組成部分.

Nirvana is Beyond Knowing(nie-pan-wu-ming-lun/《涅槃無名論》)was a important article by Sengzhao(僧肇),but Mr.Tang Yongtong(湯用彤) argued that its author wae anther. Also,Mr.Tang Yongtong's student Mr.Shilun,presented further evidence for this standpoint. Most scholars believe this standpoint. This paper analyzes respectively the evidence taken by Mr. Tong and Mr.Shi,but maintains that Nirvana is Beyond Knowing(nie-pan-wu-ming-lun)is actually Sengzhao' work,and was an important part of Sengzhao' thought process.
ISSN16086848 (P)
ヒット数846
作成日2003.07.28.
更新日期2017.07.25



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
354167

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ