サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
隋唐五代漢文佛典中的助詞「個」=The Function-word "ge" is used in Buddhist Documents of Suei Tang and Wu Tai
著者 周碧香 =Chou, Pi-hsiang
掲載誌 圓光佛學學報=Yuan Kuang Journal of Buddhist Studies
巻号n.7
出版年月日2002.12
ページ171 - 212
出版者圓光佛學研究所=Yuan Kuang Buddhist College
出版サイト http://www.ykbi.edu.tw/
出版地桃園縣, 臺灣 [Taoyuean hsien, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者為國立臺中師範學院語文教育學系助理教授
キーワード助詞; 句法功能; 語義
抄録本文以《大正新脩大藏經》與五代禪集《祖堂集》為基本語料,檢索助詞" 個 "運用的情形,嘗試梳理脈絡,以瞭解其在漢文佛典裡運用的樣貌. 透過分析,歸納,統計的結果,呈顯出助詞" 個 "的運用始見於隋朝佛典,茁壯於唐代,不但可與動詞,形容詞,名詞相結合,並衍生出豐富的句式; 五代則為成熟期,各類句式宣告完整,成後世運用的典範. 從隋唐五代三朝漢文佛典的運用,可以瞭解助詞" 個 "的活躍性,其在句子的功能,對所接成分除起強化作用,更帶有無定標誌的作用. 就語言運用的角度而論," 個 "本身讀作輕聲,具調整音節和強調節奏的功能,進而得以強調語義,使之成近代語裡活躍的一員.
隋唐五代漢文佛典,即是助詞" 個 "最初且完整的面貌,代表著漢語句法表義功能的強化,此為漢語發展史上不易的事實.

Buddhist documents are important data bank of Chinese linguistics.
This study uses Sin-Siou-Da-Jheng-Zang (大正新脩大藏經) and Zu-Tang-Ji (祖堂集) as basic data. To examine "ge" (個) through four steps of searching,analyzing,deducing and statistics. I find original function-word "ge" to be used in Sui-dai (隋代) Buddhist documents. It's use extensively in Tang-dai (唐代),and it produces more sentences through a combination with V.,N. and adj..
Function-word "ge"is used widely in Wu-tai (五代),the sentence is complete. It becomes a standard to be used for later ages.
The present study find out that function-word "ge" is dynamic. The function of stenxence aims at emphasis and uncertain.
Suei,tang,Wu-tai is the initine and mature period in which function-word "ge"is used. It represents the effect of the Chinese sytanx to express semantic.
Function-word "ge" is the evidence of how Chinese language develops in history.
ISSN16086848 (P)
ヒット数695
作成日2003.07.31
更新日期2017.07.25



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
354174

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ