サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
A science of compassion or a compassionate science? What do we expect from a cross-cultural dialogue with Buddhism?
著者 Davidson, Richard J. ; Harrington, Anne ; Harrington, Anne
掲載誌 Visions of compassion: Western scientists and Tibetan Buddhists examine human nature
巻号v.11
出版年月日2002
ページ18 - 30
出版者Oxford University Press
出版サイト http://www.oup.co.uk/
出版地London, England, UK [倫敦, 英格蘭, 英國]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
キーワードTibetan Buddhism
抄録This chapter is a preliminary meditation about compassion and where it has "fit" historically into our scientific investigations of nature,including and especially human nature. The author begins by asking in particular whether there are certain things in the history of the life and mind sciences that can help us begin to understand better why it feels normal and appropriate for science to study human violence,but less common,even less respectable,for it to study human compassion. Did we just not yet fully "get around" to this problem yet,or are there deeper reasons for this relative paucity in our efforts? The answer that is explored in this chapter has two parts--one methodological and one metaphysical--but both of them concern how poorly compassion,as a phenomenon,"fits" into our modern understanding of what we think it means for science to study human beings as part of nature.
ヒット数434
作成日2003.09.19
更新日期2019.08.13



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
354792

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ