サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
中國禪宗思想發展史
著者 麻天祥
出版年月日1997.03
ページ624
出版者湖南教育出版社
出版地長沙, 中國 [Changsha, China]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
ノート平裝/第1版, 為國家哲學社會科學基金專案
キーワード禪宗=Zen Buddhism=Zazen Buddhism;
抄録全書分5篇21章及前言部分,集中闡述禪宗思想在中國發展的全部過程,強調一種文化的形成,其貢獻不只在對自身的鞏固,更重要的在它對整個社會乃至整個人類文化的影響與推動. 禪宗思想在中國的形成與發展,是不同文化融合的過程. 禪宗思想是大眾化的莊老哲學.
與以前的研究成果不同的是,本書以95%以上的篇幅,論述近1000年來,即宋以下禪宗思想與理學. 心學. 乾嘉漢學. 今. 古文經學乃至邏輯實證. 真覺體悟等方法的會通. 滲透及融合. 探討它與主流文化的親合與互動. 宋以前部分重點剖析禪宗思想的奠基與分流,考證"禪"乃創造性翻譯,指出中國禪學非起自達磨,而早已流行於漢魏.《壇經》之創,基於《南華》,而承於道生. 僧肇諸大德後. 既得惠于莊. 老,亦成就于莊. 老,是哲人之慧,而非修身之法,以離言離相,超二元對立的否定性思維,直接影響了中國人的價值觀念. 思維方式和審美情趣.《人民日報》.《光明日報》.《中華讀書報》.《China Daily》.《中國佛學》雜誌相繼發表評論,指出本書的創新與貢獻.
美國學者認為該書"關於禪的中國起源的論述極富挑戰性,並且肯定有助澄清許多關於佛教在東亞傳播與中國文化碰撞而產生的誤解". (原文系英文)
ISBN7535524664 (精)
ヒット数166
作成日2000.12.01



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
356152

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ