サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
著者 テンジン・ギャツォ=ダライ・ラマ14世 ; マリア・リンチェン=Rinchen, Maria
出版年月日2010.05
ページ247
出版者大蔵出版
出版サイト http://daizoshuppan.bunkensystem.co.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
ノートダライラマ14世テンジンギャツォ(His Holiness the Fourteenth Dalai Lama Tenzin Gyatso)
抄録長年の研鑚と瞑想・修行に基づいた、法王自身による縁起・空思想の珠玉の解説書。日本の仏教で古来、最も重要視され、学ばれ続けてきた、大乗仏教最高峰の論書の一つ『中論』─。その事情はチベットでも同じで、釈尊の弟子であり、ナーガールジュナ(龍樹)の弟子であるという強い自覚を持つ法王にとって、その龍樹の代表作である『中論』は、最も大切にし、かつ自らの拠り所としているテキストである。しかし、その内容の難解さゆえ、日本でも初心者の理解できる入門書が出版されてきたとは言いがたい。本書は、深遠な内容をわかりやすい日本語で解説した、仏教思想を本気で学びたいと願う読者にとって待望の書である。
ISBN9784804330709
情報源
ヒット数366
作成日2010.07.27
更新日期2010.07.27



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
371361

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ