サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
瑜伽行派的生命觀=The View of Life in Yogācāra Buddhism
著者 陳一標 (著)=Chen, I-biau (au.)
掲載誌 玄奘佛學研究=Hsuan Chuang Journal of Buddhism
巻号n.8
出版年月日2007.11.01
ページ113 - 134
出版者玄奘大學宗教學研究所
出版サイト http://ird.hcu.edu.tw/front/bin/home.phtml
出版地新竹市, 臺灣 [Hsinchu shih, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者為玄奘大學宗教學系助理教授=Assistant Professor, Department of Religious Studies, Hsuan Chuang University, Taiwan
キーワード瑜伽行派Yogācāra; 阿賴耶識ālayavijñāna; 生命觀view of life; 種子seeds; 異熟; karmic reward; Buddhism
抄録阿賴耶識是瑜伽行派中極為重要的概念,乃一切雜染與清淨法的所依,具有一切種子、執受所依、異熟所攝的三種特質。因為阿賴耶識含藏一切精神與物質的種子,所以是我們的精神活動與身體生起的根源;阿賴耶識執受根身,所以身體的運作,背後必須有阿賴耶識此種內在深層的精神作用來維持它;阿賴耶識是以往業力所形成的果報總體。所以,對瑜伽行派來說,阿賴耶識才是生命的本質、生命的主體。它為以往的業力所決定,也決定有情未來的昇沉。

?layavijñāna, the very important concept in Yogācāra Buddhism, is the basis of the defiled and pure things. It has three properties: with all seeds, maintaining the body, and being karmic reward. Because ālayavijñāna stores
all seeds of the mental activities and materials, it is the origin of ctivating our consciousness and body. Also, ālayavijñāna is in charge of the functions of our organs, so it is a necessity to maintain the active life. Finally, ālayavijñāna is the reward of our past behaviors. Therefore layavijñānais the essence and the subject of life. It is determined by past karmas and can determine the future of sentient beings.
目次一、生命的主體——阿賴耶識 117
二、生命的誕生與死亡 124
(一)結生相續與戀母情結
(二)賴耶離身與死亡的意義
三、與現代生命觀有關的幾個議題 128
(一)生命的本質與死亡的意義
(二)植物人猶有末那、賴耶兩個潛意識
(三)賴耶唯捨受相應與器官移植
(四)性格的本質是精神性的,不能藉由基因改變
四、結論 132

ISSN18133649 (P); 18133649 (E)
ヒット数440
作成日2010.08.09
更新日期2017.12.01



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
371922

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ