サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
Buddhist Medicines in Chinese Literature
著者 Long, Da-rui
掲載誌 Hsi Lai Journal of Humanistic Buddhism=西來人間佛教學報
巻号v.8
出版年月日2007
ページ201 - 221
出版者International Academy of Buddhism, University of the West
出版サイト http://www.uwest.edu/site/
出版地Rosemead, CA, US [柔似蜜, 加利福尼亞州, 美國]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
抄録Abstract

Buddhism was introduced into China around the first century CE. It became widespread via Silk Road in Northwest China. For two thousand years, it exerted tremendous impact on Chinese culture. The Buddhists made great endeavors to sinicize and indigenize Buddhism. They established Chinese Buddhist schools and infiltrated all segments of the population. The Buddhist influence can be seen in literature, music, painting, paintings, dance, architectures and medicine. When we investigate the cultural exchanges between China and India, we can easily find that the integral tradition of Indian medicine, which combined a secular elemental doctrine with aspects of demonology, mythology, and moral-macrocosmic concepts, was introduced into China by traveling monks and the texts they brought with them.
目次I.The Medicinal Literature in Buddhist Canon 202
II.The Dunhuang Manuscripts 205
III.Buddhist Medical Literature in China’s Dynasty History Records and Other Sources 212
IV.Conclusion 215
ISSN15304108 (P)
ヒット数398
作成日2013.03.08
更新日期2020.04.09



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
386138

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ