サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


当書目の情報提供者は 香光莊嚴雜誌 です
加えサービス
書誌管理
書き出し
法界微塵-- 臺灣佛教界學術研究、阿含學風與人間佛教走向之綜合省思(上)
著者 釋如石
掲載誌 香光莊嚴=Glorious Buddhism Magazine
巻号n.66
出版年月日2001.06.20
ページ96 - 124
出版者香光莊嚴雜誌社
出版サイト http://www.gaya.org.tw/magazine 
出版地嘉義縣, 臺灣 [Chia-i hsien, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート捨斷今生與來世-向智尊者作品選集(上);教理:法界微塵
キーワード香光=Glorious
抄録近十年來,臺灣傳統的中國佛教很明顯的式微了。而在另一方面,阿含學與人間佛教卻開始大行其道。這種巨大的轉變,成因固然相當複雜,但仔細分析起來,德高望重的印順長老所引領的佛教學術研究,應該是最重要的主導因素。因為學術環境培養師資,師資教導佛學院和寺院的僧尼,僧尼又帶動各寺院的信眾而蔚為風氣。

學術求真、求實,重證據,講道理,非常合乎佛教追求真理的精神。因此,公正而客觀的學術研究成果,即使和自己主觀的信仰、好惡互相衝突,佛弟子也應該有虛心接受的雅量。但若研究的立場不夠公正客觀,論證也不夠嚴謹,則得出的論點就難免會有所偏頗。在這種偏頗觀念的誤導之下,佛教自然就會朝著偏離菩提正道的方向發展。

以「人間佛教」的角度來說,印老對於印度和漢、藏大乘佛教的詮釋,的確有他相當獨到的見解。在這方面,他無疑獲得了高度的成就與廣泛的認同,因此也為臺灣教界開創出一片全新的天地。但是,若就大乘佛教的全體而言,我們卻不得不承認,印老某些方面的佛學研究,的確相當程度地淺化、窄化而且也曲解了大乘佛法深廣的意涵。

在大乘佛學的架構裡,阿含學與「人間佛教」向來都有它們自己的定位。人天善法本來就是修學佛法的基礎;而阿含道的二乘一切智,也是菩薩所必須修學而不取證的道果。但若為了強調人間佛教或阿含聖教的殊勝,不惜曲解、淺化和窄化大乘佛教,特別是傳統中國佛教的意涵,專門攻伐其弊短而遮蔽其美長。這樣不但有欠公允,而且也將造成中國佛教的嚴重傷害。
目次前言 98
學術研究對臺灣教界之影響 98
(正面的影響)
(負面的影響)

ISSN10275126 (P)
ヒット数315
作成日2013.03.13
更新日期2017.10.16



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
387222

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ