サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
兩漢佛教之流傳及佛教徒活動考=Investigation into the Spread of Buddhism and Buddhists' Activities in Han Dynasty
著者 屈大成 (著)=Wut, Tai-shing (au.)
掲載誌 圓光佛學學報=Yuan Kuang Journal of Buddhist Studies
巻号n.17
出版年月日2011.08
ページ1 - 28
出版者圓光佛學研究所=Yuan Kuang Buddhist College
出版サイト http://www.ykbi.edu.tw/
出版地桃園縣, 臺灣 [Taoyuean hsien, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:香港城市大學中國文化中心
キーワード佛教圖像=Buddhist images; 漢代=Han dynasty; 楚王英=Emperor Chu of Yin; 笮融=Ze Rong; 牟子=Mouzi
抄録佛教於兩漢年間輸入中土及其流傳情況,一向所知不多。本文介紹新近的研究成果,並重新檢視舊有的文獻資料,配合近年出土的文物,作出討論,期望對初傳時期佛教徒的活動有更多和更新的了解。本文指出,帶有佛教色彩的器物有可能在西漢時代,已沿著絲綢之路傳入,但要到東漢初年,中土才正式有佛教信徒,特別是楚王英事佛,為南方的佛教發展奠下基礎。可是,因楚王謀反,為明帝鎮壓,佛教亦受牽連,未能在上層社會繼續流布。佛教因而轉入民間,低調發展,更成為墓葬物的一種;直至漢末,佛教才再見諸文獻記載。

In the light of the fact that little has been known about the spread of Buddhism in Western and Eastern Han dynasties, this essay re-examines existing documentary resources, in consideration of discussion on archaeological objects recently excavated, with the hope of getting a broader and more up-to-date understanding of Buddhists’ activities in the early stage of the spread of Buddhism. To be highlighted is Emperor Chu of Yin’s worship of Buddhist which laid the foundation for development of Buddhism in the south. Nevertheless, on the other hand, his later plot to rebel made the spread of Buddhism come to a halt in mid-Eastern Han dynasty. Only in late Han could the spread revive.
目次一、佛教傳入及其在西漢的流傳 4
二、東漢明帝求法和楚王事佛 8
三、東漢中期的佛教活動 11
四、東漢末北方的佛教活動 13
五、東漢末南方的佛教活動 18

ISSN16086848 (P)
ヒット数455
作成日2013.07.17
更新日期2017.08.09



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
390311

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ