サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
天台宗法門之修行根機探討 -- 就「化儀四教」與「化儀四觀」而論=On Roots of Ways of Practice in T'ien-tai Sect: According to “Four Teachings of Teaching Way” and “Four Ways of Practice of Contemplation”
著者 林志欽 (著)=Lin, Chih-chin (au.)
掲載誌 圓光佛學學報=Yuan Kuang Journal of Buddhist Studies
巻号n.19
出版年月日2012.07
ページ35 - 104
出版者圓光佛學研究所=Yuan Kuang Buddhist College
出版サイト http://www.ykbi.edu.tw/
出版地桃園縣, 臺灣 [Taoyuean hsien, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:真理大學宗教文化與組織管理學系
キーワード修行法門=Ways of Practice; 根機=roots of practice; 化儀四教=Four Teachings of Teaching Way; 化儀四觀=Four Ways of Practice of Contemplation; 三種止觀=Three Kinds of Contemplation; 圓頓止觀=Perfect and Direct Way of Samādhi and Contemplation; 六妙法門=Six Marvelous Ways
抄録天台宗智者大師所建構的修行體系龐大而法門眾多,如何知曉其適合修習的根機,成為論說修行法門的要素,亦是行者實踐成就與否的極重要關鍵,學界則尚未以此角度作全面而細緻的論述。本文之目的即在從化儀(教化方式)的角度,檢視天台宗之整體教觀體系,全盤而詳細地論究各種法門之修行根機與法門揀擇之問題,尤其是最受重視的圓教觀法。眾生之根機有多種,所適合之法門亦不同。本文分別從「化儀四教」:頓漸五時教、不定教與祕密教,與「化儀四觀」:圓頓止觀、漸次止觀、不定止觀、祕密止觀的角度,分別逐一論究修行法門之根機意義與相關問題,應有助於對法門眾多,最稱完備的天台宗修行法門之根機理論作充分的了解。

目次一、前言 38
二、天台教觀體系 39
三、化儀四教五時之修習根性 41
(一)、約教部說 41
(二)、約教相說 66
(三)、不定止觀 77
(四)、再就《六妙法門》論修習根性 83
(五)、祕密止觀 94
五、結論 95
ISSN16086848 (P)
ヒット数366
作成日2013.08.19
更新日期2017.08.09



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
390334

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ