サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
《六祖壇經》對二十一世紀居士佛教的啟示 -- 以創新的「自性」義為範圍
著者 鄭振煌 (著)=Cheng, Chen-huang (au.)
掲載誌 美佛慧訊
巻号n.126
出版年月日2010.05
出版者美國佛教會
出版サイト http://www.baus.org/baus/index_c.html
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード六祖壇經=The Sixth Patriarch’s Platform Sutra; 金剛經=The Diamond Sutra; 居士佛教=Lay Buddhism; 惠能=Hui-neng; 自性=self-nature; 智慧=wisdom; 創造力=creativity
抄録惠能從《金剛經》的「應無所住而生其心」一句,初聞而言下開悟,再聞而大悟「一切萬法不離自性」。自性的「本自清淨、本不生滅、本自具足、本無動搖、能生萬法」等義,實際開創了中國禪宗,影響東亞地區的佛教,也深化人類文化。《六祖壇經》所蘊含的創造力,以般若智慧和菩提自性為主軸,把佛教推至巔峰,正是人類的制勝之道,也是人類所必需的。

From the sentence “One should abide nowhere to arouse his/her mind”in The Diamond Sutra, Hui-neng was enlightened upon first hearing, and fully enlightened to realize that all dharmas are not apart from the self-nature. The meanings of self-nature such as “originally pure”, “originally no-arising and no-disappearing”, “originally encompassing”, “originally no-moving”, “being able to arouse all dharmas” and so on substantially established the Ch’an School of Chinese Buddhism, exerted influence on East Asian Buddhism, and deepened world culture. The creativity embedded in The Sixth Patriarch’s Platform Sutra” centers on two axes of prajna wisdom and bodhi self-nature, pushing Buddhism to its zenith. Creativity is really the key to success and the most wanted by humanity.
目次一、前言
二、惠能從《金剛經》創新自性義
三、居士佛教能從《六祖壇經》學到什麼
ヒット数272
作成日2013.08.27
更新日期2020.11.17



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
393492

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ