サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
三階教寫本研究的現狀與展望
著者 西本照真 (著)=Nishimoto, Teruma (au.) ; 劉宏梅
掲載誌 敦煌學輯刊=Journal of Dunhuang Studies
巻号v.2011 n.4
出版年月日2011
ページ161 - 170
出版者蘭州大學敦煌學研究所敦煌學輯刊編輯部
出版サイト http://dhxyjs.lzu.edu.cn/
出版地蘭州, 中國 [Lanzhou, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者為武藏野大學副教授
キーワード三階教; 敦煌寫本; 佛教史; 佛性論; 普敬; 如來藏; 十二部經; 教團; 卷子本; 地論宗
抄録20 世紀初敦煌寫本的發現,使中亞到東亞的佛教史研究有了飛躍性的發展。矢吹慶輝博士對三階教研究功不可沒,他對數量可觀的敦煌寫本內容一一考查,從中找出了大量三階教文獻,現今已知的三階教文獻近半數都是他發現的。他在 1927 年出版的《三階教之研究》即使在今天也是作為中國佛教研究者案頭必備的不朽名著。之後,一些研究者陸續發現若干他所遺漏的三階教寫本,使三階教寫本的研究在數十年間有了進一步的發展。本文列舉出已發現的三階教寫本,揭示當前研究現狀,同時,嘗試指出若幹關於今後研究的課題。
目次序言 161
一、現存的三階教寫本 161
二、三階教寫本研究的意義 167
結語 170


ISSN10016252 (P); 10016252 (E)
研究年代唐代
研究地域甘肅(敦煌)
ヒット数85
作成日2013.09.09
更新日期2017.12.21



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
394476

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ