サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
慧思住光山年表考析=Textual analysis of the Chronology of Huisi live in Guangshan
著者 麻天祥 (著)=Ma, Tian-xiang (au.)
掲載誌 哲學與文化=Monthly Review of Philosophy and Culture
巻号v.38 n.12 (總號=n.451)
出版年月日2011.12.01
ページ3 - 7
出版者哲學與文化月刊雜誌社
出版サイト http://www.umrpc.fju.edu.tw
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者為武漢大學哲學學院教授兼中國佛學及佛教藝術研究中心主任。
キーワード慧思=Huisi; 光山=Guang shan; 大蘇山=Big Su Mountain; 考析=Investigation
抄録據慧思自著(立誓願文),全面考證慧思同光山的關係。四十歲開始駐錫光山,先後在光州開嶽寺、觀色寺、齊光寺,以及大蓋章山弘揚佛法,西元567年,年逾知命,離光山南下湖湘南嶽,推動了天台思想的向南發展,以及天台宗的形成。後人于17年後在大蘇山勒石為記。進一步證明大蘇山是天台思想的發祥地。

Based on the "Vows" published by Huisi, the author investigated the relationship between Huisi and Guang Mountain from all aspects. Since living in Guangshan when he was 40, Huisi has propagated Buddhism Philosophy in Kaiyue Monastery, Guanyi Monastery, Qiguang Monastery and Big Su Mountain. In AD 567, Huisi left for Nanyue Mountains in Hunan Province from Guangshan at his 50s, where he promoted further development of the Tiantai Philosophy to the south area of China, as well as the formation of Tiantai Buddhism Sect. Later generations recorded the fact on the epigraph in Big Su Mountain after 17 years, which further proved that Big Su Mountain is the cradle of Tiantai Philosophy.
ISSN10158383 (P); 10158383 (E)
ヒット数152
作成日2014.07.10
更新日期2017.10.25



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
396344

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ