サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
The Tendai Debates of 1131 at Hosshōji
著者 Minowa, Kenryo (著)=蓑輪顕量 (au.)
掲載誌 Japanese Journal of Religious Studies
巻号v.41 n.1
出版年月日2014
ページ133 - 151
出版者Nanzan Institute for Religion and Culture=南山宗教文化研究所
出版サイト http://nirc.nanzan-u.ac.jp/en/
出版地名古屋, 日本 [Nagoya, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
ノートMinowa Kenryō is a professor in the department of Indian philosophy and Buddhist
Studies at the University of Tokyo.
キーワードdebates; Hosshōji mihakkō mondōki; Tendai; Hossō; Lotus Sutra; Tokuitsu; Saichō
抄録Debate was a key part of many monks’ training. It also played a vital role in the competition between Buddhist schools. A good sense of how monks interacted can be gained by looking at one year, 1131, at the debates at Hosshōji. Tendai monks were paired with Nara monks, usually from the Hossō School, to consider various doctrinal issues. In some cases, the root text being discussed can
be determined, but often the topic of debate remains obscure because of the terseness of the passage. Sometimes the winner of the debate is clear, but at other times, the outcome is less certain. The article concludes with a survey of other sources for debate.
ISSN03041042 (P)
ヒット数170
作成日2014.07.14
更新日期2017.09.14



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
396398

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ