サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
Buddhist Initiatives for Social Well-Being in Chinese History, With Special Reference to Modern Exponents of Humanistic Buddhism
著者 Long, Da-rui
掲載誌 Hsi Lai Journal of Humanistic Buddhism=西來人間佛教學報
巻号v.5
出版年月日2004
ページ204 - 227
出版者International Academy of Buddhism, University of the West
出版サイト http://www.uwest.edu/site/
出版地Rosemead, CA, US [柔似蜜, 加利福尼亞州, 美國]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
抄録It was in the 1920s that Venerable Taixu introduced his notions on Humanistic Buddhism and called for a reform movement in Chinese Buddhism. The present paper traces briefly the historical background for his eloquent call for such a transformation. The first section touches on how Chinese Buddhists were involved in social well-being in the past. The second section traces how and why Buddhism declined in the last six hundred years due to the restraint imposed on Buddhism by emperors. The third section deals with views of Venerables Taixu, Cihang, and Yinshun on the restoration of Buddhist tradition to make contributions to social well-being. The last section examines the trend that Chinese Buddhists follow in regard to social well-being, with an in-depth analysis of the role and impact of Venerable Grand Master Hsing Yun.
ISSN15304108 (P)
ヒット数297
作成日2014.07.31
更新日期2020.04.09



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
396892

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ