サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
佛教論述女性障礙修行的相關省思──從淨土法門談起
著者 陳劍鍠 (著)=Chen, Chien-huang (au.)
掲載誌 文與哲=Literature & Philosophy
巻号v.13
出版年月日2008.12
ページ1 - 44
出版者國立中山大學中國文學系
出版地高雄市, 臺灣 [Kaohsiung shih, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード淨土法門; 女性地位; 女人不生; 障礙修行; 文化偏見
抄録世親《往生論》有云「女人不生」,此句經論照字面解釋,表示女性不得往生西方極樂世界。然而另一種解釋是女性往生西方極樂淨土時,會女身轉成男身,故說「女人不生」。但這種女身轉成男身的言說留下歧視女性的痕跡,未能完全符合大乘佛法的平等思想,故本文由淨土經論疏解其意涵,探討女性在淨土法門的地位,並對女性障礙修行的相關議題作出反思。

在原始佛教時便有女性受束縛、被歧視的言說,延續到部派佛教則愈演愈烈,將女性視為障礙男性修行的主要元兇,更將婬欲的起染問題歸咎於女性。本文對這些指責,分別從「有關女性障礙修行之成說」、「貶抑女性之說法的可信度」、「從文化反省貶抑女性之說」等三方面來論證貶抑女性的說法,是導因於男尊女卑的文化偏見及文化約束。由於二千多年來的佛法,一直掌握在男性手裏,使得佛法受到嚴重的歪曲。是故,能夠導正此迷思,才能開展女性成佛往生的道路,並發揚大乘佛法的平等精神。
ISSN17287138
ヒット数177
作成日2014.09.01
更新日期2014.09.01



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
397305

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ