サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
虛實交映下臺灣的普陀山因緣=Relations between Taiwan and Pu-tuo holy land under the practical and imaginative interaction
著者 李世偉 (著)=Li, Shyh-wei (au.)
掲載誌 圓光佛學學報=Yuan Kuang Journal of Buddhist Studies
巻号n.24
出版年月日2014.12
ページ163 - 204
出版者圓光佛學研究所=Yuan Kuang Buddhist College
出版サイト http://www.ykbi.edu.tw/
出版地桃園縣, 臺灣 [Taoyuean hsien, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者為東華大學臺灣文化系副教授。
キーワード普陀山=Pu-tuo holy land; 進香=pilgrimage; 觀音信仰=Guan-yin belief
抄録觀音信仰傳入臺灣後,發展相當快速,隨著觀音信仰的盛行,觀音聖地普陀山自然為信眾所熟悉,也展開不同層次的影響,最直
接者為普陀山僧眾來臺,以及臺灣寺廟自承普陀山的香火。更積極者為信眾不遠千里赴普陀山進香朝聖,親近觀音菩薩道場,這一類的朝聖活動耗資費時,更見信眾之虔誠。另一種則是普陀山傳奇及相關感應故事在臺灣的流傳,這往往更具有強大的感染力,更深化觀音的信仰動力。

After Guan-yin belief spread to Taiwan, its development is quite fast. The Guan-yin Bodhisattva's hometown ----Pu-tuo holy land, as people are familiar with naturally, also launched different levels of
impact. The most direct influences are monks of Pu-tuo holy land who come to Taiwan, and many Taiwan temples which claim their inheritance originate from Pu-tuo holy land heritage. It is more positive that many religious pilgrims travel long distances to go to Pu-tuo holy land. This type of pilgrimage cost much money and time, in this sense the faith can be seen by the devout religious believers. Moreover, the legendary of Putuo holy land and related stories which are circulated in Taiwan play a more powerful appeal, especially in deepening the faith of Guan-yin.

目次一、前言 165
二、僧人、香火與傳承 167
三、朝山、進香與聖地 174
四、靈異、感應與信仰 183
六、結語 193

ISSN16086848 (P)
ヒット数232
作成日2015.04.13
更新日期2017.08.16



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
542526

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ