サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
僧稠與北方禪法 -- 兼論禪定分途
著者 麻天祥 (著)=Ma, Tian-xiang (au.)
掲載誌 世界宗教研究=Studies in World Religions
巻号n.4
出版年月日2014
ページ34 - 40
出版者中國社會科學院世界宗教研究所雜誌社
出版サイト http://iwr.cass.cn/
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート麻天祥,武漢大學哲學學院教授、博士生導師。
キーワード僧稠; 禪定; 四念住
抄録佛教來華,禪亦來華。南北朝時,禪與般若、涅槃蔚為大觀。一是鳩摩羅什及慧皎、僧肇、道生等,假莊、老對禪進行創造性的詮釋,開中國禪宗思想,即中國禪學之先聲;二是以少林寺主佛陀為代表,重在修持的北方禪法,二者名同實異,分途並進。僧稠乃少林佛陀之嫡傳,並以四念住、十六特勝法,即以定、靜、止、息為特徵的禪法享譽北方。僧稠禪法之廣為傳播,亦有賴於皇權之推重。前有魏文帝對佛陀的支持,後有北齊高洋對僧稠之膜拜,在至無定軌的亂世禍福中,起到了一定的積極作用。
目次一、生平事跡、禪法傳承及其同國主的周旋 34
二、僧稠禪法引發的思考 40
ISSN10004289 (P); 10004289 (E)
ヒット数42
作成日2016.03.31
更新日期2019.08.07



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
550988

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ