サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


当書目の情報提供者は 中華民國佛教華嚴學會=Huayen World Community です
加えサービス
書誌管理
書き出し
澄觀《華嚴法界玄鏡》的禪觀系統與實踐哲學=Chengguan's "Huayen Dharma Realm Mysterious Mirror" the Philosophy and Practice of Meditation System
著者 黃連忠 (著)=Huang, Lian-zhong (au.)
掲載誌 華嚴學報=Journal of Huayen Buddhism
巻号n.5
出版年月日2013.05
ページ55 - 74
出版者中華民國佛教華嚴學會=Huayen World Community
出版サイト http://www.huayenworld.org/
出版地新北市, 臺灣 [New Taipei City, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード華嚴=Huayen; 澄觀=Chengguan; 華嚴法界玄鏡=Huayen Dharma Realm Mysterious mirror; 禪觀=Meditation; 法界觀=Thought of Dharma Realm
抄録華嚴法界觀的禪觀實踐哲學,主要是澄觀在《華嚴法界玄鏡》中註釋杜順的《華嚴法界觀門》所成,澄觀在此著作中主要闡釋了「大方廣」之「如來所證法」與「佛華嚴」之「契合法界」的體相用思想,澄觀以體相用三大為其哲學的基本架構,輔之以四法界說為義理層面,再將杜順的真空觀、理事無礙觀、周遍含容觀為法界觀門實踐的禪觀哲學系統。澄觀在《華嚴法界玄鏡》中,不僅詮釋「修大方廣佛華嚴法界觀門」之經題主旨,澄觀還以「玄鏡」立名,則是取「妙明真心」之意,依華嚴初祖杜順法界三觀,而能體證「一心法界」之玄奧。
澄觀以「十鏡為喻」為詮釋的方便與比喻,說明華嚴法界觀的禪觀實踐是以「相涵相攝」為基本原理,華嚴哲學中禪觀修持的理論廣大深微,其中相涵相攝與事事無礙的圓融,在《華嚴法界玄鏡》中詳細說明了真空觀、理事無礙觀與周遍含容觀的思想內容與哲學體系,並且架構了從真空觀到理事無礙觀到周遍含容觀的實踐進程,筆者以為這是從哲學範疇體系架構華嚴思想的義理系統,進而確立實踐的可能性,澄觀並且說明了華嚴法界觀行的生起次第及其實踐哲學。
ISSN22226885
ヒット数298
作成日2016.04.25



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
551429

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ