サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
<仏教学>再考 : 教理研究と修行実践=Reevaluating "Buddhist Studies" : Doctorinal Research and Actual Practice
著者 蓑輪顕量 (著)=Minowa, Kenryo (au.)
掲載誌 日本仏教綜合研究=Interdisciplinary Studies in Japanese Buddhism=ニホン ブッキョウ ソウゴウ ケンキュウ
巻号n.10
出版年月日2012.05.31
ページ147 - 166
出版者日本仏教綜合研究学会
出版サイト http://todaibussei.or.jp/bussou/index.html
出版地山形, 日本 [Yamagata, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語日文=Japanese
ノートシンポジウム 日本仏教の綜合研究とは何か-新たな視角を求めて-
What Is the Interdisciplinary Study of Japanese Buddhism?: Seeking New Perspectives
キーワード止観; 念仏; 弥勒教授頒; 貞慶; 良遍
目次はじめに 147
一 止観の実践−古代の仏教にみる真言と念仏 148
二 真言は行であることの証左 151
三 天台系・円仁の伝えた念仏 152
四 説話の中に見える瞑想の話 154
五 院政期から中世にかけての止観実践 155
六 貞慶に見る止観の実践 156
七 中世南都に見られる止観の実践 159
八 中世法相宗僧侶に見る観の実践 160
九 中世禅宗僧侶等に見る観の実践 160
十 何故、行に関する研究があまりなされてこなかったのか 162
おわりに 164
ISSN13484850 (P)
ヒット数146
作成日2016.05.05
更新日期2019.02.26



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
551765

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ