サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
觀呼吸:佛陀開悟實修法門
著者 佛使比丘 (講述)=Ajahn Buddhadasa (spk.) ; 鄭振煌
出版年月日2014.09.01
ページ304
出版者大千
出版サイト http://www.darchen.com.tw/index.php
シリーズ內觀系列
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
ノート佛使比丘(Ajahn Buddhadasa,1906年-1993年)
  近代上座部佛教長老,泰國著名佛教僧侶。法號「因陀般若」(Indapanno),意思是「大智慧」(Great Wisdom)。因為發願成為佛陀的侍者,而更名為佛使(Buddhadasa)。創建「解脫自在園」(Suan Mokkh)禪坐中心。1928年至1932年在曼谷求學,後來發願生活在大自然中,以探討佛法。於是他離開曼谷回到家鄉猜耶縣,在弟弟及其他法友的支持下,於森林中成立禪坐中心,即今「解脫自在園」的前身。
抄録開悟實修法門──觀呼吸

  本書是佛使比丘數百本著作中的翹楚,介紹觀呼吸的十六個步驟,並詳細說明禪和子可能碰到的每一個難題和修禪的利益。只要修完觀呼吸的十六個步驟或階段,四念處自然成就。四念處一旦成就,七覺支就圓滿,智見和解脫也跟著水到渠成。

  《觀呼吸》講解「岀入息念」,說明專注呼吸、觀察呼吸就可明瞭生命的真相,解脫一切煩惱痛苦。 觀呼吸,建立在吸氣和呼氣之上的正念。它的意思是:在每一個吸氣和呼氣的當下,建立在每一個所緣相之上的正念。開始時,把正念建立在呼吸之上,然後建立在各種覺受、各種心境之上,接著建立在無常、苦、無我的法印之上,最後建立在捨離之上,這是修行的終極目標。
目次序 (1)
引言 (1)
前言 (1)
中譯序 (1)
第一章 前行
第二章 環境
第三章 理論背景
第四章 觀呼吸:第一到第四階段
第五章 禪定的八個步驟
第六章 禪定的障礙
第七章 障礙與禪定的要素
第八章 邁向禪定
第九章 禪定的證得
第十章 四禪定
第十一章 五自在
第十二章 總結第一到第四階段
第十三章 第二組四法(從觀受到不讓受控制心)
第十四章 第二組四法(從觀受到觀慧)
第十五章 第三組四法(從觀心到解脫)
第十六章 第四組四法(從觀法到捨離)
ISBN9789574472932 (平)
ヒット数471
作成日2016.05.30



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
565549

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ