サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
著者 小川宏 (著)=Ogawa, Hiroshi (au.) ; 大正大学真言学智山研究室
掲載誌 智山学報=チザン ガクホウ=Journal of Chizan Studies=智山學報=Chizan Gakuho
巻号v.40 (總號=n.54)
出版年月日1991.03.31
ページ113 - 122
出版者智山勧學會
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語日文=Japanese
抄録四食思想に関して、近代の仏教研究論文において論及がなされたのは、木村泰賢著「原始仏教思想論」が最初であり、本格的な考察は宮坂宥勝著「仏教の起源」においてなされたと言えよう。「仏教の起源」の論考は原始仏教を中心となされているが、拙論においては阿毘達磨を中心とし、原始仏教や唯識仏教とも比較して考察を進める事とする。
目次序 113
(一) 原始仏教における四食思想 115
(二) 阿毘達磨仏教の四食思想 117
(三) 婆沙論における四食の定義 118
(四) 婆沙論の食の定義 118
(五) 四食説以外の食説 119
(六) 九食説と大乗の四食 120
(七) 倶舎論における四食思想 120
(八) 唯識思想と四食思想 121
結論 122
ISSN02865661 (P)
情報源
ヒット数25
作成日2016.09.01
更新日期2018.07.19



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
568245

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ