サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
《大乘玄論》點校=Treatise on the essentials of Mahayana by Jizang: A punctuated and proofread edition
著者 釋吉藏 ; 陳平坤 ; 釋果鏡 ; 楊惠南
出版年月日2016.11
ページ500
出版者法鼓文化
出版サイト http://www.ddc.com.tw/
出版地臺北, 臺灣 [Taipei, Taiwan]
シリーズ漢傳佛教典籍叢刊
シリーズナンバー2
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
抄録《大乘玄論》,攝山三論學派「嘉祥大師」釋吉藏(549~623)用來開闡大乘佛法要義的集錄式著作。著作探及「〔真、俗〕二諦」、「八不〔中道〕」、「佛性」、「一乘」、「涅槃」、「〔般若、方便〕二智」、「〔諸佛〕教迹」、「〔菩薩〕論迹」等佛學重大論題,實大有益於後學深入佛教義海而覷得其理趣。
本書作為《大乘玄論》點校本,主要是為其文句分章別段,並且使用新式標點符號進行句讀,希望減少讀者閱覽該論時的障礙,以利準確掌握其文句意旨。此外,本書提供《大乘玄論》所引佛教經論,以註解補充說明其出處,希冀有助於讀者深入吉藏佛學思想真義,貫通中觀三論思想內涵。
目次【壹】導讀
一、《大乘玄論》的作者和分章  
吉藏生平簡介  
《大乘玄論》的八大主題及其分章
二、《大乘玄論》各章要義概述
第一章〈二諦義〉
第二章〈八不義〉
第三章〈佛性義〉  
第四章〈一乘義〉  
第五章〈涅槃義〉
第六章〈二智義〉
第七章〈教迹義〉
第八章〈論迹〔義〕〉
  
【貳】《大乘玄論〉卷第一
第一章〈二諦義〉
第一節〈標大意〉
第二節〈釋名〉
第三節〈立名〉
第四節〈有無〉
第五節〈二諦體〉
第六節〈中道〉
第七節〈相即〉
第八節〈攝法〉
第九節〈辨教〉
第十節〈同異〉

【參】《大乘玄論》卷第二
第二章〈八不義〉
第一節〈辨大意〉
第二節〈明三種中道〉
第三節〈論智慧中道〉
第四節〈雜問〉
第五節〈論單複諸句〉
第六節〈明不有有〉

【肆】《大乘玄論》卷第三
第三章〈佛性義〉  
第一節〈大意門〉
第二節〈明異釋門〉
第三節〈尋經門〉
第四節〈簡正因門〉
第五節〈釋名門〉
第六節〈本有始有門〉
第七節〈內外有無門〉
第八節〈見性門〉
第九節〈會教門〉
第十節〈料簡門〉  

第四章〈一乘義〉
第一節〈釋名門〉
第二節〈出體門〉  
第三節〈同異門〉

第五章〈涅槃義〉  
第一節〈釋名門〉
第二節〈辨體門〉
第三節〈八倒門〉 

【伍】《大乘玄論》卷第四
第六章〈二智義〉  
第一節〈翻名門〉
第二節〈釋名門〉
第三節〈釋道門〉
第四節〈境智門〉
第五節〈同異門〉
第六節〈長短門〉  
第七節〈六智門〉
第八節〈開合門〉  
第九節〈斷伏門〉  
第十節〈攝智門〉
第十一節〈常無常門〉
第十二節〈得失門〉

【陸】《大乘玄論》卷第五
第七章〈教迹義〉  
第一節〈釋教不同門〉
第二節〈感應門〉
第三節〈淨土門〉

第八章〈論迹〔義〕〉  
第一節〈明破申大意〉
第二節〈明四論宗旨〉
第三節〈明經論能所〉
第四節〈釋「中觀論」名〉
第五節〈明論緣起〉
ISBN9789575987305 (平)
ヒット数104
作成日2016.10.13



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
568831

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ