サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
編纂臺灣佛教史志所面臨的一些問題
著者 侯坤宏 (著)=Hou, Kun-hong (au.)
掲載誌 佛教圖書館館刊=Information Management for Buddhist Libraries
巻号n.60
出版年月日2015.12.01
ページ28 - 45
出版者伽耶山基金會
出版サイト http://www.gaya.org.tw/journal/index.html
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード臺灣佛教; 方志學; 佛教方志; 方志體例
抄録戰後臺灣重修方志得到各方注意,在這股臺灣修志風潮中,有多少是屬於佛教方志?據筆者個人所見,只發現有《台灣佛學院志》、《台灣北部佛教道場中壢圓光寺志》、《獅頭山百年誌》、《打鼓嚴元亨寺志》6種佛教寺志。臺灣號稱佛教極盛,為何只見如上區區可數的佛教寺志,其因何在?本文想探討的是:在當代的臺灣,有沒有需要再從事於編纂佛教寺志?佛教寺志這種屬於古老傳統的文獻,在當代是否還有存在的價值與必要?如果答案是肯定的,又應該以怎樣的方式來編撰使之符合當代的需要?本文先談有關編纂臺灣佛教史志之史料問題,接著就編纂佛教史志的體例問題進行分析,最後再就這方面問題,略述個人的一些想法,以就教於方家。
目次壹、前言 28
貳、有關編纂臺灣佛教史志之史料問題 29
一、佛教寺志(含山志) 29
二、紀念專刊、專輯、特刊 29
三、年鑑 34
四、寺院簡介、寺院總錄、通訊錄 36
五、其他 37
參、有關編纂臺灣佛教史志的體例問題 40
肆、結論 42
一、臺灣佛教寺院史料的多樣性 42
二、臺灣佛寺如何展開編纂自己的寺志 43
附註 43
ISSN10267263 (P)
ヒット数53
作成日2016.12.09
更新日期2017.06.23



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
569600

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ