サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
初期漢譯佛典「一詞多譯」現象的探討及省思
著者 蘇錦坤
掲載誌 福嚴佛學研究=Fuyan Buddhist Studies
巻号n.11
出版年月日2016
ページ75 - 116
出版者福嚴佛學院
出版サイト http://www.fuyan.org.tw/
出版地新竹市, 臺灣 [Hsinchu shih, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード一詞多譯; 那體慧=Jan Nattier; 鑑別詞彙=indicator; 漢譯佛典語言學
抄録東漢、魏晉南北朝翻譯的佛教經典常有所謂「一詞多譯」的現象,本文列舉「專有名詞」、「佛教術語」與「定型句」出現的「一詞多譯」現象,探討「一詞多譯」的可能原因;最後檢討以詞彙為「譯人、譯時」鑑定標準的方法學上的顧慮。
目次一、前言 77
二、專有名詞的「一詞多譯」現象 79
(一)「憍陳如」與「拘鄰」 79
(二)「毘流勒」與「流離」 81
(三)「調達」與「提婆達兜」 82
(四)「舍利弗」與「身子」 83
(五)「祇樹給孤獨園」、「祇樹須達園」與「須達」、「善溫」 84
(六)「耆闍崛山」與「靈鷲山」 85
(七)「義品」、「眾義經」、「利眾經」與「阿他婆耆經」 85
三、佛教術語或一般名詞的「一詞多譯」現象 87
(一)「滅盡定」、「入滅正受」與「想受滅正受」 87
(二)「生死」與「行」 88
(三)「泥犁」、「太山」與「地獄」 89
(四)「三十七道品」名相的異譯 90
四、定型句或同一事的「一詞多譯」現象 91
(一)「佛法義利」的定型句 92
(二)「求大師」等「60 事」 93
五、「一詞多譯」現象的可能原因 94
六、省思:以「安世高譯經」為例 96
七、結語 98
八、謝詞 100
〈附錄一〉:《瑜伽師地論》關於 60 事的釋文 101
〈附錄二〉:六師外道的譯詞 107
〈附錄三〉:各家取捨的安世高譯經 108
ヒット数48
作成日2016.12.28
更新日期2017.07.18



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
569916

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ