サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
當代臺灣佛教史學論述及其思想詮釋衝突=Historical Discourse of Buddhism in Contemporary Taiwan and Conflicts in Its Theoretical Interpretation
著者 江燦騰 (著)=Jiang, Can-teng (au.)
掲載誌 世界宗教文化=The Religious Cultures in the World
巻号n.2
出版年月日2013.04
ページ21 - 26, 120
出版者中國社會科學院世界宗教研究所雜誌社
出版サイト http://iwr.cass.cn/
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:台北城市科技大學通識教育中心兼任教授
キーワード解嚴=Ending of Martial Law Era; 臺灣漢傳佛學研究=Study of Han Buddhism in Taiwan; 現代性=Modernity; 詮釋衝突=Interpretation Conflicts
抄録本文是關於1987年以來臺灣本土佛教史學與思想變革詮釋問題的探索。當代臺灣本土的現代佛教史學研究環境,雖曾歷經長達38年(1949~1987)之久的戒嚴體制的壓抑,但是因其確能與現代性社會的發展接近同步,所以自解嚴以來的當代臺灣現代性佛教史學研究,雖無如胡適或印順等這樣的研究巨人,但卻有區域性佛教現代史或斷代佛教社會文化史各類優秀的著作相繼出現。而其中的相互詮釋衝突,也相對激烈和多元化。
The paper explored the interpretation issues of local Buddhism history and thought change in Taiwan from 1987 to date.The historical studies of modern Buddhism in contemporary Taiwan,which although have been depressed by Martial Law for 38 years(1949-1987),have continually generated great works,such as books of regional history of modern Buddhism or dynastic history of Buddhism social culture since the end of the martial law era,which partly because its synchronization with the development of modern society though without the great scholars like Hu Shi and Yin Shun.And the conflicts of interpretation are also relatively intense and diverse.
目次一、 佛學研究工具書類舉例和簡介 21
二、國際新佛學研究潮流的引進和衝擊狀況 21
三、多樣化新佛教史學的相關論述說明 22
四、佛教藝術史、佛教文學史和民俗佛教史的相關研究檢討 23
五、當代佛學研究中的詮釋衝突及其最新相關發展狀況 24
六、結論 26
ISSN10076255 (P)
ヒット数25
作成日2017.03.10
更新日期2019.08.29



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
571503

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ