サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
著者 李四龍 (著)=Li, Si-long (au.)
掲載誌 2016星雲大師人間佛教理論實踐研究(下)
出版年月日2017.10
ページ216 - 233
出版者佛光文化事業有限公司
出版サイト http://www.fgs.com.tw/index.php
出版地高雄市, 臺灣 [Kaohsiung shih, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
キーワード人間佛教=Humanistic Buddhism; 佛光宗=Fo Guang School; 人文宗教=humanistic religion,; 感應=divine inspiration; 解脫=liberation
抄録人間佛教是當代華人佛教的主流形態,主張要為現實人生服務,契合了中國社會現代轉型之需要。其理念以「理性化」為特徵,注重佛法的生活化與社會關懷。這種新佛教的成功,既緣於印度大乘佛教的思想傳統,同時還植根於中國傳統宗教生活的人文精神。不同於西方以有神論為中心的宗教觀,中國宗教堪稱是「人文宗教」,以人文教化為用,以感應道交為體。實踐中的人間佛教,既重視文化與教育的功能,也關注信眾的生命體驗與解脫。

Humanistic Buddhism is the main form of contemporary Chinese Buddhism, which advocates to serve in everyday life, and corresponds to the needs of the modern transformation of Chinese society. The concept of “rationality” is regarded as an important feature of Humanistic Buddhism, and it implies that Buddhism should focus on daily life and social concerns. At the same time, it holds Buddhism’s ultimate concern as liberation in life. The success of this type of new Buddhism firstly originates from the tradition of Indian Mahayana Buddhism, but is also rooted in the humanistic spirit of traditional Chinese religious life. Different to the religious view of theism in the West, Chinese religion could be termed a “humanistic religion” that takes social education as the main application and divine inspirations as experience.
目次中文摘要 216
一、前言 218
二、人間佛教之受推崇的傳統與現代因素 218
三、中國傳統宗教的人文精神與文化價值 223
四、人文宗教的教化功能與生命體驗 227
五、小結—佛光宗的時代特色與人間佛教的未來趨勢 231
引用書目 232
ISBN9789574574353
情報源
ヒット数32
作成日2018.03.27
更新日期2018.04.10



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
576469

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ