サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
禅:沈黙と饒舌の仏教史
著者 沖本克己
初版
出版年月日2017.11
ページ288
出版者講談社
出版サイト http://www.kodansha.co.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
抄録ブッダは、真理は言語表現できないという。しかし、仏教は万巻の書にその教えをとどめてきた。
禅宗は、教学仏教に抗して生まれた。しかし、禅語は独特で難解、禅問答は不条理、「不立文字」という言葉はそれ自体が矛盾である。
禅は、語り得ぬものにどう向き合い、何を伝えてきたのか。
ブッダの教えが禅宗へと至り、さらに日本で発展するまで。
禅とは何か、仏教史から問い直す。
目次序章 「不立文字」という言葉
第一章 禅の歴史――言葉をめぐって
  1 禅宗の成立
  2 良く生きよ――ブッダの教え
  3 分断と統合――アショーカ王の登場
  4 客観的仏教学の誕生――アビダルマ
  5 大乗仏教の始まり
第二章 大乗経典概説
  1 新しい仏教
  2 般若経典――破壊と総合 
  3 華厳経典――言葉の饗宴
  4 法華経――傑作文学 
  5 浄土経典――弥陀の誓願不思議に 
  6 後期大乗経典――最後の教え 
 
第三章 大乗の学者たち
  1 「空」の効用――龍樹
  2 「唯識」の思想――弥勒・無著・世親
  3 翻訳と解釈――羅什・玄奘
  4 新たな時代――実践仏教の鼓動
第三章 沈黙と饒舌
  1 沈黙の人
  2 饒舌な禅(1) 禅の新風・道元
  3 饒舌な禅(2) 日本臨済禅の創成・白隠
  4 饒舌な禅(3) 思索者の蹉跌・大拙
終章 型の文化――伝承と言葉
  1 個と集団
  2 型の文化
ISBN9784062586689 (ソフトカバ)
ヒット数6
作成日2018.09.11
更新日期2018.10.04



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
577971

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ