サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
眾神之尊:近代觀音與民間諸神的信仰互動=The most noble of many gods: the interaction between Guanyin Bodhisattva and the folk gods in modern China
著者 李世偉 =Li, Shyh-wei
掲載誌 圓光佛學學報=Yuan Kuang Journal of Buddhist Studies
巻号n.33
出版年月日2019.06
ページ145 - 196
出版者圓光佛學研究所=Yuan Kuang Buddhist College
出版サイト http://www.ykbi.edu.tw/
出版地桃園縣, 臺灣 [Taoyuean hsien, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート東華大學台灣文化系副教授
キーワード觀音=Guanyin Bodhisattva; 媽祖=Mazu; 臨水夫人=the Lady of Linshui; 玄天上帝=Emperor of the Xuantian
抄録  明代以降,觀音與一些本土神明互動的傳說故事大量出現,也影響民眾的信仰活動。中國民間的神明眾多,原本各自發展出神明傳說故事,隨後也會產生出神明互動的類型故事,其中觀音與本土神明互動中,我們可以看到觀音一直處於尊高位階,或為化身者、或為授法師……,這些形形色色的傳說故事中,異中顯同的是「以觀音為尊」。本文論述聚焦於觀音與媽祖、臨水夫人、玄天上帝之信仰互動。

Since the Ming Dynasty, there are a lot of legends about Guanyin’s interaction with some local gods, it also affects the belief activities of the people. There are many Chinese folk gods, and each of them originally formed the legend of the gods, then there will be a type of story about the interaction of the gods. Among them, Guanyin Bodhisattva interacts with the folk gods, we can see that Guanyin Bodhisattva has always been in the high level, Guanyin becomes the incarnation, or the enlightener, or teaches the magic power…In these various legends, what is common in the difference is “taking Guanyin as the respect”. This article focuses on the belief interaction between Guanyin and Mazu, the Lady of Linshui, Emperor of the Xuantian.
目次一、前言 148
二、觀音的化身:媽祖 150
三、觀音的化身:臨水夫人 157
四、導師之尊:點化、考驗、證道 164
五、授法、施法、鬥法 169
六、眾神之尊:民間神明畫像的線索 178
七、結語 188
ISSN16086848 (P)
ヒット数51
作成日2019.07.12
更新日期2019.07.24



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
585536

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ