サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
1949年以來的大陸佛教發展研究序論
著者 侯坤宏
掲載誌 印順導師思想之理論與實踐海峽兩岸學術會議論文集(第十一屆)
出版年月日2012.05
ページ117 - 136
出版者玄奘大學宗教學系、財團法人弘誓文教基金會、玄奘大學應用倫理研究中心、佛教弘誓學院
出版サイト http://www.hongshi.org.tw/index.aspx
出版地桃園市, 臺灣 [Taoyuean shih, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:國史館纂修
キーワード大陸佛教; 中共佛教史; 浩劫與重生; 釋巨贊; 釋茗山; 康寄遙; 范文瀾
抄録1949年以來的中國大陸佛教,其發展過程到底發生了怎麼樣的變化?其內涵又是如何在臺海兩岸交流頻繁之今日,我們除了要重視臺灣佛教史的研究外,對於1949年以來的大陸佛教發展,也不容忽視。居於此種認識,而有本文之作。全文分從:1949年以來的大陸佛教等方面進行論述。本文再就:大陸佛教應如何展開未來的佛教研究、佛寺研究如何面對市場經濟、大陸佛教應如何面對全球化趨勢三議題,提出個人的一些觀察,並以說明本議題所具有的現實意義。
目次一、前言 118
二、1949年以後的中共佛教史之分期及其特色 120
(一)愛教必先愛國(黨) 121
(二)佛教界必需密切配合政治運動 121
(三)文化大革命使佛教面臨最大的厄運 122
(四)改革開放是大陸佛教浴火重生的好時機 123
三、中共佛教史值得留意的幾個議題 123
四、以「浩劫與重生」的概念來理解 1949年以來的大陸佛教 127
五、結論 132
(一)大陸佛教應如何展開未來的佛教研究 132
(二)佛寺研究如何面對市場經濟 132
(三)大陸佛教應如何面對全球化趨勢 135
ヒット数22
作成日2020.08.27
更新日期2020.08.27



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
597245

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ