サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
撞倒須彌:漢傳佛教青年學者論壇論文集=Knocking Down Sumeru: Collection of Essays at Young Scholars’ Chinese Buddhism Forum
著者 廖肇亨 (主編) ; 釋果鏡 (主編)
初版
出版年月日2020.10.01
ページ368
出版者法鼓文化
出版サイト https://www.ddc.com.tw/
出版地臺北, 臺灣 [Taipei, Taiwan]
シリーズ佛學會議論文彙編
資料の種類論文集=Collected Papers
言語中文=Chinese
キーワード佛教論壇; 佛學論文; 唐代佛教; 日本佛教; 吉藏; 法鼓
抄録漢傳佛教青年學者,是中華佛學研究所與研習漢傳佛教的青年學子,一次近距離接觸的嘗試。
年輕學者對於漢傳佛教研究的熱情與創意,遠超想像;續佛慧命是漢傳佛教最重要的使命與任務。

  「如何是第一要?」 (天隱圓修)師云:「鐵牛橫古路」
  「如何是第二要?」 師云:「撞倒須彌峰」
  「如何是第三要?」 師云:「金鞭打入藕絲竅」

過去的佛教研究往往具有籠罩性傾向的格局,用傳統禪宗的說法形容,近乎「鐵牛橫古路」。新世紀以來的漢傳佛教研究漸有百家之鳴,傳統佛教研究的宏偉敘事也在崩解。

傳統的研究多以人物或經典為主要研究取徑,現今的研究則多帶有跨界或整合的性質,往往借鏡佛教研究以外的研究視角與作法,佛教研究不僅周遍圓融,更有「撞倒須彌峰」涵蓋乾坤的氣象。

佛法慧命所繫在青年。數年來,中華佛學研究所致力於推動「青年學者論壇」相關工作,嘗試拓展漢傳佛教研究的視角與方法。歷經論文發表會與審查流程,第二屆青年學者論壇的部分成果結集在此,展現在讀者目前。
目次【導論】
從「鐵牛橫古路」到「金鞭打入藕絲翹」(廖肇亨 )

【研究論著】
八世紀中期唐代佛教王權與禮儀空間——以長安城與五臺山為中心(李志鴻)
唐代中後期的房山刻經研究——以中原與幽州的關係為視角(張旭)
聖地的變容——十至十三世紀政治變動下的寧波阿育王寺(黃庭碩)
平安時代天台宗的政治性格及歷史發展——與攝關政治交涉為中心的考察(郭珮君)
論《大品經義疏》中攝嶺學說對吉藏早期思想之影響(雲惠遠)
吉藏二諦思想中的方法學和語言哲學(周延霖)
從吉藏「境智教」中道義論三論學派之發展(釋見歡)
ISBN9789575988630 (平裝)
ヒット数23
作成日2020.11.26
更新日期2022.01.11



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
600224

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ