サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
Vedanā or Feeling Tone: A Practical and Contemporary Meditative Exploration
著者 Batchelor, Martine
掲載誌 Contemporary Buddhism: An Interdisciplinary Journal
巻号v.19 n.1 Series Four
出版年月日2018
ページ54 - 68
出版者Routledge
出版サイト https://www.routledge.com/
出版地Abingdon, UK [阿賓登, 英國]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
抄録This paper will attempt to establish a framework for the term vedanā. Then it will present the range of the different feeling tones: pleasant, unpleasant and neutral. It will point out that ‘neutral’ feeling tone can be defined in different ways as either non-existing, indeterminate, indifference or the beginning of equanimity. Following this, vedanā will be discussed in the context of the five nāma factors: contact, feeling-tone, perception, intention and attention. This paper will suggest that mindfulness can be of benefit because it possibly gives rise to what is referred to in the early Pāli texts as ‘unwordly pleasant’ feeling tones. The paper concludes by making a connection between the practice of mindfulness of feeling-tones and the cultivation of the ethical precepts as an antidote to unskilful reactive patterns that arise in relation to vedana.
ISSN14639947 (P); 14767953 (E)
DOIhttps://doi.org/10.1080/14639947.2018.1442142
ヒット数14
作成日2021.02.28



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
606833

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ