サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
The Mañjuśrī cult in Khotan
著者 Hamar, Imre
掲載誌 Studies in Chinese Religions
巻号v.5 n.3-4
出版年月日2019
ページ343 - 352
出版者中国社会科学院=Institute of World Religions, Chinese Academy of Social Sciences(CASS); Taylor & Francis Group
出版サイト http://casseng.cssn.cn/
出版地Leeds, UK [里茲, 英國]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
キーワードWutai; Khotan; Mañjuśrī; Dunhuang; Buddhāvataṃsaka-sūtra
抄録The so-called new representation of Mañjuśrī that is found in Dunhuang and became quite popular in Wutaishan region and East Asian Buddhism includes a foreign looking person who became identified as the Khotanese king. This representation shows the close association of Khotan with Mañjuśrī and the Cult of Mañjuśrī on Wutaishan. The possible Khotanese compilation of the Buddhāvataṃsaka-sūtra, which is the main proof text for Mañjuśrī’s presence on Wutaishan and the Khotanese pilgrims to Wutaishan recorded by Dunhuang manuscripts also seem to substantiate the claim that Khotan was very important in terms of Mañjuśrī cult, and could have an important role in identifying Wutaishan as the abode of Mañjuśrī. In this article I will show these and other proofs in Khotanese literature for the importance of Mañjuśrī in Khotanese Buddhism.
DOIhttps://doi.org/10.1080/23729988.2019.1686871
ヒット数16
作成日2021.04.07
更新日期2021.04.07



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
609406

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ